« 許せん! | トップページ | 愛しの…(Love you forever) »

2016年9月17日 (土)

いつかくるその日

いつかくるその日
むーのその日が近いことを日々感じています…。ずいぶん痩せました。食欲はあったりなかったりですが、たくさん食べるとケロッピします。トイレの粗相が増えました。別にところ構わずやるのではないです。トイレにはいくんだけど、なぜか中ではなく、外に産物があったり、回りの床が濡れていたり。

お水を大量に飲んで、その分たくさん排出します。腎臓がもうかなりヤバイのでしょう。あちこちかゆいらしくて、しょっちゅう人を呼んでカキカキを要求します。これも腎臓の影響かもしれません。

医者には連れていきません。行けばむーは楽になるでしょうか? むーは獣医さんがキライです。バスケットも、車も。行って、検査して、お薬飲んで。少しは楽になるのでしょうか。

なるのなら連れていきたいと思います。むーの意志(つーか機嫌)に反しても! でも…

今日のむーは昼間におやつをいつになく、積極的に食べたあと、やっぱりケロッピして、その後、写真のように真夏の間は来なかったソファにきて私の隣で寝ています。この時間はいつまで続いてくれるのでしょうか。永遠がないことはわかっているのですが…

その日ができるだけ遠いことを祈っている私たち夫婦です。

いつか行く 道とはかねて 聞きしかど
昨日今日とは 思いざらまし

|

« 許せん! | トップページ | 愛しの…(Love you forever) »

コメント

一度だけでも医者行って相談してみたら?
ワクチン接種にも行ってないようだし、
今後、もし医者に診察してもらいたい事態になった時、
経過を見せているのと見せていないのでは対応が違うのでは?
むやみに治療をするつもりはないってこと、はっきり伝えてさ、
その上でなんかできることはないかって聞いてみるぐらいの感じで。
まあ、医者に行ったことでむーが楽になるかどうかはわかんないし、
わざわざ嫌な思いさせることなく、
寿命を受け入れて穏やかに過ごすっつーのもあるとは思うけどね。
難しい問題だよね。

投稿: いもーと | 2016年9月17日 (土) 17時00分

ヤマトの場合ですが、点滴をするとものすごく楽になる様で、意識を失うまでの数ヶ月、2~3日に1回の割合で病院に通いました。(輸液により血が薄まる→血中の尿素の濃度が薄まる→吐き気が収まる)
ムサシ(妹宅の子)(まだ11歳なのに腎不全が来ました。余命半年?)も現在数日おきに通っているそうで、点滴をした後は食欲が戻るそうです(普段食べれないので、点滴後は食いすぎでゲロってるらしい)。
延命よいうよりは緩和ケアと言う視点で点滴を検討してはいかがかと思います。
通院が嫌いな子でも、自宅で点滴する事も可能のはず(病院が機材を貸してくれる)。でも、どちらにしろ最初のうちは通院しなければならないですけど。

投稿: たつもとちまき | 2016年9月17日 (土) 20時52分

コメント、ありがとうございます。イモートはともかくとして、ちまき様まで!! 読んでくださっていたんですね…。ほんとにありがとうございますm(_ _)m

なんか今にも死にそうな書き方をしてしまったみたいですが、むーはまだまだま元気です。少なくとも、獣医さん行っておとなしく点滴を受けるレベルではないと思われます。最近ワクチンを接種してないのも、させてくれないからです…orz。おととし、去年と血液検査に行って、その時にワクチンも打つのですが、一昨年はグンを最初にやったのを感知した(と思われる)むーが大暴れして血液検査どころかワクチンも失敗。去年はそれを踏まえてむーからやったけど、ワクチンを打つ前の検温でもう大暴れで挫折。今年はあきらめた、というのが実態です。

私が1日置きにやっている歯磨き(液体を口に一滴たらすだけ)でも寝ている隙を狙って片方は成功するんですが、もう片方は無理! 家で、リラックスしていて寝ていて、私がやっていて、でも次の瞬間には大暴れ!なので…orz。

でもいざ!という時のために一度というのは考えさせられたので、本猫はなしで、尿検査だけとかで行くのもありかしら…と思いました。考えてみます。

ちまき様。行きつけの獣医さんはちょっと遠くて、猫連れだと車(我が家にはないのでレンタルかタクシー)になってしまうのですが、やっぱり近くで歩いていけるところにある獣医さんを探すべきでしょうか。一応、引っ越してきたばかりの時にグンのワクチンを接種しに近所の獣医さんをダンナがネットで評判を調べていったんですが、なんだかイマイチだったので、それきり行っていないんですよねー。ワクチン前に、触診もしない獣医さんなんですよ!! なので、ちょっと遠い、いつもの獣医さんに今も年に一度行っているんですけど。3日に一度だと無理ですよね~どう考えても。そこはやめて、別の近所の獣医さん探した方がいいでしょうか。
ワクチン接種するのに、触診も検温もしない獣医さんはやめた方がいいですよね?!

この3日、むーは食欲もあり、粗相もないです。…気温の問題かしら…。涼しくなったし。うーむ。

投稿: 管理人・sada | 2016年9月21日 (水) 16時10分

いつかはその日がくるのですよね。
みるくも11歳になりました。
数年前からうちも予防接種を止めました。
その方がみるくが楽だと思ったものですから…>_<…
でも分かりませんよね。
死ぬほどの抵抗を見せる、みるくは可哀想でしたので…
できるだけ楽にしてあげたい、この想いは同じですよね。
いつも一緒にいる、いつも見ている、さださんが決めることなら
むーちゃんも納得すると思いますよ、きっと。

先日、8歳になる文鳥を看取りました。
8年間、ご苦労様と言いました、可愛い子でした。
掌の中で最後まで看取りました、辛いけど納得しました。
むーちゃんって、何歳になったのかしら?

投稿: ペンペン | 2016年9月27日 (火) 11時07分

ペンペン様まで、ありがとうございます~(;ω;)
文鳥さん、亡くなってしまったのですね。みるくさんとも仲のよかった、あの文鳥さんですよね? お悔み申し上げます…。

予防接種とか、考えてしまいますよね。メリットとデメリットと。元気なうちは多少暴れても、回復も早い(だろう)し、メリットの方が大きい気がするのですが、年を取ると…orz。
むーは納得してくれるでしょうか? ダンナはいまいち、獣医さんを信用してなくて(行きつけの方を、というわけではなく、獣医全般を)いかない方がいいという意見なんですよ。

ほんと、考えてしまいます。

むーは18才になりました。

投稿: 管理人・sada | 2016年9月27日 (火) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138086/64216227

この記事へのトラックバック一覧です: いつかくるその日:

« 許せん! | トップページ | 愛しの…(Love you forever) »