« 最近の読書(ーー;) | トップページ | 『新幹線大爆破』を見る »

2020年5月14日 (木)

最近の読書(ーー;) その2

図書館完全閉館前にはまっていたのが、この人! 森 晶麿『黒猫シリーズ』早川書房です。

早川書房だから一応はミステリですが、そっちはまぁ、つまんなくはないけど?みたいな。

24才の若さで私大の美学教授になった、通称“黒猫”と、彼の付き人にされた大学院生の“私”(黒猫と同級生)の話です。で、付き人の“私”の研究テーマがエドガー・アラン・ポォで、謎解きが全てポォの作品の解釈というか、蘊蓄?に絡んでくるのですね。

つまんなくはないけど。

でも!このシリーズのポイントは(私的には)謎解きでも蘊蓄でもない!

黒猫と付き人“私”の2歩進んで2歩下がるよーな、進んでるんだか進んでないんだかわかんない恋愛模様! それに尽きます!

私は“恋愛小説”は苦手なんですけど(学生じゃねーんだ、生きていくってそれだけじゃねーだろ(怒)!)、恋愛要素が入っているのは好きw エラリィ・クイーンの作品で、日本で評価が異様に高い(としか思えない…)『国名シリーズ』よりも後期の『ライツヴィル物』が好きなのはだからである。クリスティとか。

そんな私の胸キュンポイント押しまくり!の小説です。両片思いすれ違いつか。お互い好きなのに、本人同士は片思いと思ってて、じれじれ(-_-#)。付き人“私”は一人称だから気持ちはわかる。本人は黒猫の気持ちがわからない。確信できない。でも読んでいる私たちには黒猫が付き人“私”を好きなのがもー確定なのよ!

てな小説です。そーゆー“じれったい”恋愛がお好きで、なおかつ蘊蓄が楽しめる方にはお薦めです(>_<)

今、思ったけど、私が京極夏彦の大蘊蓄小説『姑獲鳥の夏』が読みきれなかったのって恋愛成分0だったからかも⁉Dsc_0316 

|

« 最近の読書(ーー;) | トップページ | 『新幹線大爆破』を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近の読書(ーー;) | トップページ | 『新幹線大爆破』を見る »