« 5/9 『プラネテス』を読み返す | トップページ | 最近の読書(ーー;) その2 »

2020年5月14日 (木)

最近の読書(ーー;)

例によって家にあるのを読み返してます。私は同じ本を何度でも読める。つか「何度でも読み返せる」のしか買わない!のではあるが。

…“読んでない本があるけど”昔の本を読み返すというのと“読んでない本がないから”昔の本を読み返すというの全然別ものであると知りました…orz
なんかさーつまんないのよ(T_T) 読むけどさf(^_^;)

そんななか、図書館の閉館ギリギリで借りてきた、小松左京『首都消失』。『日本沈没』『復活の日』と最近話題になっているらしいけど、いやもぉ、すごいからね!予見性が! 2度あることは3度ある。じゃあ次はってんで借りてきたのですが

上下巻の~下巻の半分くらいまではそれなりに面白いんですけど~

思うところはいろいろあって、「小松左京、テンノー制から逃げたな」とか「さすがにコンピュータの可能性については詳しいな」とか「どーしていつも戦前からの生き残りのジーさんを当てにするのか!」とかいろいろ。

でもな、肝心のな、首都消失の原因がな…×××のせいって…orz

その時点で読むの止めちゃった(ーー;)

SFの道は険しい(>_<)

|

« 5/9 『プラネテス』を読み返す | トップページ | 最近の読書(ーー;) その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5/9 『プラネテス』を読み返す | トップページ | 最近の読書(ーー;) その2 »